2007年12月10日

巨人がグライシンガーと合意、正式契約へ

巨人の行動はよくわかる。

実績のある選手をお金にものを言わせてとる。

いつものことで驚かないが、ここで、私がいつも不思議に思うのだ。

なぜ、ヤクルトは16勝8敗、防御率2・84の好成績を収め、セ・リーグの最多勝の選手を自由契約にするの?

来期優勝を目指すなら絶対手放せない選手でしょ!

ヤクルトは優勝する気ないの?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000512-yom-spo

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000015-sanspo-spo

巨人がグライシンガーと合意、正式契約へ

巨人が、ヤクルトを自由契約となったセス・グライシンガー投手(32)(右投右打)を獲得することが10日、分かった。

 2年契約などの条件面ですでに合意に達しており、近く正式契約して発表する。

 グライシンガーは米大リーグ、ブレーブスなどを経て、韓国・起亜から今季、ヤクルトに入団。1メートル90からの角度のある直球と、低めに決まるチェンジアップを武器に、30試合に先発し、16勝8敗、防御率2・84の好成績を収め、セ・リーグの最多勝を獲得した。

 今季の巨人の先発陣は、左が高橋尚、内海、金刃と3人そろっていたのに対し、右は規定投球回数に達したのが木佐貫だけ。来季は上原が抑えから先発に復帰する方向で、ストッパーとして前横浜のクルーンを獲得した。グライシンガーが加われば、さらに層が厚い投手陣となる。

posted by ニュースハンター at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。